3.11 想像を超えた日

3.11の東日本大震災で被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く、平穏な暮らしに戻れることを祈念しております。

 
被災地では、今も大変な思いで避難生活をお送りしているかと思うと心が痛みますし

現地で、今まさに救援活動や復旧活動をされている方々の努力を

忘れてはいけないと思っています。

 
3.11の出来事は、私の想像をはるかに超えた出来事でした。

同時に、多くの人の「意識」を変えた出来事だったのではないかと思います。


そして、原発のことや物流のこと、計画停電などもあり

人の暮らしの在り方や、まちづくりについて、深く考えさせられました。

私たちは、今まさに「根源的な問題」を突きつけられているのかもしれません。


そうした中、少しづつではありますが

私の関連する職能団体等でも

復興に向けた調査や、復興の在り方への議論が進みつつあります。


3.11の出来事は、とてもとても悲しい出来事でしたが

被災された方々の思いが報われるためにも

この日を境に、私たちは「これからの暮らしの在り方」を考えていかねばなりません。

そしてそれは、次世代のための「これから」でもあります。


この一連の出来事の中に「学ぶべきこと」はたくさんあります。

その学びを糧に、一歩づつ新しい未来へと進んでいきたいと思います。
[PR]
by lidesign | 2011-04-22 10:34 | 東日本大震災関連
<< 原発は反対です。そしてこれから... 新年のご挨拶 >>