カテゴリ:建築とデザイン( 2 )

対話とデザイン

f0141191_11335341.jpg
先日、協働する石井井上建築事務所が設計・監理を行った
SIMASIMA BLDG.のオープンハウスに行ってきました。
※上記写真:石井井上建築事務所提供

SIMASIMA BLDGは、1階に賃貸スペースを持つ鉄骨4階建ての住宅で
幹線道路沿いの中小のビルが立ち並ぶ一角にあります。

ところで、日頃私たちは「デザインすること」は「対話する事」に似ていると思っているのですが
この建物は、それを感じさせるものでした。

デザインの対話とは、何より「クライアントとの対話」に始まり
その土地の置かれた「環境との対話」へと続き
さらに私たちの業務で言えば、「植物を含む生き物との対話」がとても大切であります。

そして、「設計チームメンバーとの対話」も大切です。
時には厳しい議論、時にはワクワクする仮説
それらがまとまり、ひとつの形が生まれていきます。

何事もそうかもしれませんが
デザインも決して一人から生まれてくるものではなく
「クライアントを中心とした様々な対象との対話」によって
はじめてそこにふさわしいデザインが生まれてくるものです。


SIMASIMA BLDG.は、そうした施主様と作り手との対話を感じるものでした。

例えば、施主様によって直接塗装された味のある壁面や
施主様ご自身の足で見つけだしたというアンティーク感のある木製建具などは
石井井上建築の中に、ある種の異質な要素をもたらしています。
この予定調和ではない要素によって「いい空間の対話」が生まれている感じがしました。

f0141191_12283919.jpgf0141191_1239947.jpg

















それと、とにかくどこにいても「外部」が感じられました。
それは大きな開口部もそうですが、断面計画によるものだと思います。

f0141191_1242745.jpg
内と外、あるいは各居室を明快に仕切るのではなく、ゆる~くつながっていく空間は魅力的です。

このSIMASIMA BLDGは
キュートなブルーの外観がとても印象的なのですが
何故か以前からそこに佇んでいたようなニュアンスを醸し出していたように思います。
[PR]
by lidesign | 2011-06-02 11:30 | 建築とデザイン

祐天寺アパートメント VICO オープハウス

f0141191_1243618.jpg

石井井上建築事務所による
「祐天寺アパートメント VICO」の
オープンハウスに行ってきた。


「VICO」とは、イタリア語で「細い道」とか「集落」とかの意味だそうだ。


現場は住宅が密集する地域で
限られた敷地の中に
実に豊かな居住空間が
デザインされていた。



当日はあいにくの雨だったが
居室内には、心地よい自然な外部の光を十分に感じることができたのは
ちょっとした驚きでもあった。
壁と開口部(窓)が絶妙に配置され、外部を適度に取り込んでいるのである。

この「窓」というのは、「位置」、「プロポーション」共に
建築空間を構成する重要な要素であることを改めて認識させられる。



居室内はシンプルでありながら、決してフラットではなく
空間の「役割」ごとの多様性がある。

f0141191_12181844.jpg例えば、素材の異なる部位においては
その納まりが立体的に処理され
各空間が、重なりあっているかの印象を受けた。

それはつまり、「分節」ではなく、「重なり」であって
居住空間としては、「一つのまとまりのあるスペース」を感じさせるのである。



f0141191_12122191.jpgユニークなのは、各住戸のエントランス。

玄関ドアが、一定の間隔をおいて
「異なったドア」が配されている。
中が見えない白いドアと、透過性の高いガラスドアが、ランダムに配されているのである。

これはおもしろいと直感的に感じた。

VICOのような住戸に入居する人は、家具やカーテンなども
自分なりにセンスよくコーディネートして暮らすだろう。

そうした個人の楽しげな生活感が、このVICOの路地ににじみ出てくる景観が・・・
脳裏にふと浮かんだのである。

石井氏と井上氏によると、
「同じドアが連続した景観はいかにもアパート的で多様性が欠落してしまう。
各住戸の入口に変化をもたせることで、住空間に多様性をもたらしたかった。」とのこと。

これは、楽しい路地空間(VICO)になりそうである。


f0141191_12292174.jpg居室内にさりげなく置かれた
石井氏、井上氏デザインの椅子もおもしろい。

人の手作り感というか、ラフさが
全体のクールな空間にあっている。

路地への「生活感の滲み出し」もそうだが
こうした、人の感触というか、四角四面でない要素が
空間の「ふところ」を深くしていくのだろう。


石井井上建築事務所と私たちは、今後パートナーシップを組むことになっている。

建築とランドスケープが、融合することによって
質の高い環境のデザインを目指して行きたい。

石井井上建築事務所HP : http://www.d1.dion.ne.jp/~isiidai/
[PR]
by lidesign | 2010-03-15 12:37 | 建築とデザイン