<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

登録ランドスケープアーキテクト(RLA)

先日、登録ランドスケープアーキテクト(RLA)資格認定試験に合格しました。
※RLA=Registered Landscape Architect

※登録ランドスケープアーキテクト資格制度 : http://www.landscape-architect.org/


RLAとは、日本で初めてのランドスケープアーキテクト資格で、2004年に第1回資格認定試験が行われたのですが、私は2006年に初めて受験して、今年3度目の正直で、ようやく合格しました。(汗)


この資格試験、なかなかハードで、とにかく解答時間が少ない、というのが正直な所で、限られた時間の中で、各問題の諸条件やポイントを理解して、条件を満たす的確な答えを導き出して計画を図面化しなければなりません。なので、一定の知識や技能ももちろんですが、時間配分が非常に重要でした。それだけにまずは合格してホッとしています。


これまで日本には、ランドスケープアーキテクチャー業務に関するはっきりとした資格制度がなくて、なんとなくあいまいな状況でもあったのですが、このRLA資格制度は、ランドスケープ技術に関する一定の技能を客観的に評価する、といった意味でも貴重です。アメリカやEUでは、既にランドスケープアーキテクト資格制度があるのですが、将来的には、それらとの相互認証も視野に入れているそうです。


ただ、この資格、まだまだ一般には浸透していなくて、何の資格?と思われる事がほとんどかもしれません。一方で、一部の公共事業の業務発注の際の有資格者条件の中に、RLAが含まれている事例も見られるようになってきていたりと、徐々にですが認知されつつはあるみたいです。そういう意味では今後、この資格の社会的評価を上げるのも下げるのも、私も含めたRLAの方々の仕事っぷりに掛かってくると思うので、改めて頑張ろう、と思います。
3年ごとに更新しなければならず、150単位以上のCPD単位の取得が更新条件なので大変な面もありますが、まずは合格してよかった。。。RLAの皆さん頑張りましょうね。
[PR]
by lidesign | 2008-11-27 19:58 | 環境とデザイン

小さないい庭のある店

f0141191_18423095.jpg最近、普通の住宅を改修して、店舗にしている例をよく見かけます。特に代官山や表参道などの商業地域と住宅地が隣接した地域に多く見られ、なかなかいい味を醸し出していたりします。そうした店は以前、普通に人が住んでいて、これまで家人が手入れしてきたであろう「小さな庭」があったりして、生活感を感じたりします。それは大通りの立派(?)な店のような「構えた感じ」の無い、何とも言えない「力の抜けた感じ」がいいのかもしれません。


今はもう少なくなってしまいましたが、「町の小さなたばこ屋さん」とか、「古い喫茶店」とか「駄菓子屋さん」とか、住宅地にさりげなく小さな店があって、その存在が、町の雰囲気作りに一役買っていました。
そして平坦になりがちな住宅地に、少なからずとも変化やインパクトを与えてくれていたような気がします。さらには、近所の子供のたまり場になっていたり、井戸端会議の場になっていたり、結構コミュニティの場になっていたんじゃないでしょうか。そういう意味では、「いい街づくり」には「いい店の存在」が欠かせない気がします。


先日、仕事で出向いた先で、ランチに入った店も、そんな住宅を改修した店(上と下の写真)で、住宅地の中の一軒屋でした。雰囲気のある前庭を抜けて、店舗(住宅)に入るようになっていて、その前庭の樹木もかなりの大木で、店舗(住宅)を覆うほどですが、それらがいい感じの「奥行き感」を醸し出していました。


f0141191_18465796.jpg概して「雰囲気のある庭だなあ。。」と感じる庭には、「陰影がある」事が、共通しているような気がします。つまり「光と影」のコントラストというか、「暗さと明るさ」が存在していて、それが雰囲気のある「奥行き感」をつくりだしているのだと思います。


ただ店舗の場合、そこら辺が難しい所でもあって、「内部のにぎわい」と「通りのにぎわい」とを一体化させて、「オープンなファサード」を形成するのか、あるいは「隠れ家」のような「奥行き感」を創出して、外部との「結界」を作り出すのか、店舗のコンセプトや立地環境に応じてデザインしていく必要があります。


f0141191_1844587.jpg今回入った店では、その「奥行き感」が成功している例で、「入ってみたい」気にさせられます。家側(店舗側)からは、「力の抜けたいい庭」が眺められて、なにやら人の庭に入り込んだような空間も楽しめて、いい感じでした。インテリアはそう凝ったものではなかったのですが、庭がインテリアに入り込んでいて、庭の存在感が空間全体に大きな影響を与えているように感じました。


「小さないい庭のある店」が欲しくなった際には是非私たちにご一報を(笑)
[PR]
by lidesign | 2008-11-13 18:49 | 環境とデザイン