<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

チャリティTシャツ届く!

f0141191_15521699.jpgTシャツが届きました~★
畑仲間が企画した 『Neighbor 2011 チャリティーTシャツ』

「Neighbor 2011 チャリティーTシャツ」とは、東日本大震災の被災地の方々に、何か微力ながら力になれないかという思いで、私たちの自然農の畑仲間である福田さんと、その友人である角田さん、上野さんによって企画、デザイン、製作されたものです。

「困ったときはお互い様ですよ、ご近所さ~ん!精神」のもとに
チャリティTシャツを製作、販売。
そして売上金を全額、義援金として寄附する、という企画だそうです。

この思いと行動力に賛同!!
微力ながら、このTシャツを購入させて頂きました。

このチャリティ販売では制作費も控除せずに、全額義援金として寄附されるそうです。
つまり購入した金額が全額寄附される上に
Tシャツが手に入るのだから、なんとも素晴らしい企画です。

こうした形での支援もとても有意義だと思います。

f0141191_1620489.jpgLOVE 、BRAVE 、HOPE 、PEACE・・・
いろんな思いが託された、楽しいデザインのTシャツ。
詳しくはこちらのHPでご覧になって下さい。

愛嬌あるジョン・レノンも登場。
どこにいるか~探してみて下さいね★

チャリティTシャツではありませんが
こちらのTシャツも、とても素敵です♪ →他のTシャツを見る
[PR]
by lidesign | 2011-06-17 16:49 | 東日本大震災関連

対話とデザイン

f0141191_11335341.jpg
先日、協働する石井井上建築事務所が設計・監理を行った
SIMASIMA BLDG.のオープンハウスに行ってきました。
※上記写真:石井井上建築事務所提供

SIMASIMA BLDGは、1階に賃貸スペースを持つ鉄骨4階建ての住宅で
幹線道路沿いの中小のビルが立ち並ぶ一角にあります。

ところで、日頃私たちは「デザインすること」は「対話する事」に似ていると思っているのですが
この建物は、それを感じさせるものでした。

デザインの対話とは、何より「クライアントとの対話」に始まり
その土地の置かれた「環境との対話」へと続き
さらに私たちの業務で言えば、「植物を含む生き物との対話」がとても大切であります。

そして、「設計チームメンバーとの対話」も大切です。
時には厳しい議論、時にはワクワクする仮説
それらがまとまり、ひとつの形が生まれていきます。

何事もそうかもしれませんが
デザインも決して一人から生まれてくるものではなく
「クライアントを中心とした様々な対象との対話」によって
はじめてそこにふさわしいデザインが生まれてくるものです。


SIMASIMA BLDG.は、そうした施主様と作り手との対話を感じるものでした。

例えば、施主様によって直接塗装された味のある壁面や
施主様ご自身の足で見つけだしたというアンティーク感のある木製建具などは
石井井上建築の中に、ある種の異質な要素をもたらしています。
この予定調和ではない要素によって「いい空間の対話」が生まれている感じがしました。

f0141191_12283919.jpgf0141191_1239947.jpg

















それと、とにかくどこにいても「外部」が感じられました。
それは大きな開口部もそうですが、断面計画によるものだと思います。

f0141191_1242745.jpg
内と外、あるいは各居室を明快に仕切るのではなく、ゆる~くつながっていく空間は魅力的です。

このSIMASIMA BLDGは
キュートなブルーの外観がとても印象的なのですが
何故か以前からそこに佇んでいたようなニュアンスを醸し出していたように思います。
[PR]
by lidesign | 2011-06-02 11:30 | 建築とデザイン